Tazuna

TAZUNA 消費電力予想計算

ポンプモータ出力、稼働率を入力するだけで、従来システムとNOPクーラントユニット+TAZUNAの消費電力比較が簡単に試算できます。
年間電力量、電気代、CO2排出量も一目でわかり、消費電力予想計算の結果は、印刷することもできます。
先ずは一度、予想計算ソフトでNOPクーラントユニット+TAZUNAの省エネ効果を試算して見て下さい。

概要

年間消費電力コストを最大61%削減、流体制御システム

NOPクーラントユニット-EPを使用することで約41%の年間消費電力コストの削減が可能になりますが、流体制御システムTAZUNAを導入することで、更に約20%のコスト削減を達成。合わせると61%を削減することができます。
生産コストを搾ることで、競争力の向上を図れます。多数のマシニングセンターを稼働させている工場では、その効果は更に高まります。また、消費電力の削減によってCO2の削減にも可能。地球温暖化対策としても効果的です。

年間電気料金の比較

テスト運転での消費電力グラフ

  • 運転サイクル: 計80秒サイクル
    無負荷(0MPa)20秒
    ⇒センタースルー(1.1MPa)20秒
    ⇒無負荷(0MPa)20秒
    ⇒センタースルー(1.1MPa)20秒
  • 加工する圧力の違いや、ドリル径の違いにより、省エネ効果は異なります。
  • 稼働時間8h/日、稼働日数365日、電気代 ¥20/kWhで計算。

設置構成例

※TAZUNAにはインバータと圧力センサは付属しておりません。

TAZUNAの特長

さらに、省エネ
ドリル径に合わせてNOPクーラントユニット内のモータを最適な速度に可変制御することで、大幅な省エネとCO2削減を実現 !
加工精度の向上
あらゆるドリル径に対応。最適な圧力を自動的に制御するため、加工精度が安定。
初期設定不要
ドリル自動判定システムをインストール済み。導入して直ぐに使用可能。マシニング側 (ドリル別)の初期設定などの面倒なプログラミングが不要。
ワーニング機能
ポンプ能力低下、故障する前にワーニング信号を外部発信、不意のライン停止を事前検知。
一定圧力制御機能
指定圧力指令により、工具穴径、穴数に関係なく、自動的にクーラント液を一定圧力制御。
コンパクト&低コスト
インターフェイス搭載のフルセット一体型基板で、コンパクト&低コストを実現。

ドリル自動判定システム

圧力からドリル穴径を判定し、穴径から加工に最適な加工圧力をデータベースから決定します。加工物や切削液の違いによる、微妙な加工圧力値の変更は任意に変更可能。お客様専用の指定データベースも別途登録可能です。

ドリル自動判定システムのフロー

  1. アンロード(マシニング切削加工以外の状態)では、切粉除去運転として指定回転数で稼働します。
  2. クーラントON入力後、ドリル判定回転数に変更し、ドリル穴径を判別します。
  3. そのドリル穴径に最適な加工圧力、流量になるように回転数制御します。
    (ワーク加工中も最適な加工圧力、流量を保つように常に回転数制御しています)
  4. ドリル加工が終了すると再び、アンロードに戻ります。